工事前に調べたい雨漏り問題~屋根修理と防水工事で雨漏りを防ぐ~

優良な防水工事業者が行なう施工の流れ【シート防水の工程】

シート防水工事の工程の流れについて

優良な業者を見定める場合、きちんとした工程で施工を行なっているかを確かめることも重要です。そこで気になるのが、シート防水工事の具体的な工程についてでしょう。以下にまとめているので順番に見ていきましょう。

シート防水工事の流れについて把握しよう

下地調整

防水工事を行なう場合、まず下地調整のため、防水層の撤去や下地の清掃、邪魔な金物や突起物の除去を行ないます。古く劣化した防水工事のシートや塗装を取り除き、綺麗に下地の掃除を行なうことで、防水工事で使用するシートが密着しやすくなります。また、下地調整ではシートを貼る際に邪魔となる金物や突起物も取り除きます。金物が必要な設備だった場合、シート防水工事後に再び屋根や屋上に設置をします。

下地処理と下塗り

下地処理では、屋根や屋上の下地の面をできるだけ均一にするように削る作業を行ないます。わずかな段差や凹凸があると、シートの密着性が下がってしまうため、できるだけ平面に近づけるように処理を行なうのです。下地処理が終わった後は、プライマーと呼ばれる接着剤の下塗りを行ないます。塗りムラや塗り残しがないよう、作業員が丹念に下塗りします。

シートを貼り付ける

塩ビシートやゴムシートを貼り付けていきます。シートに専用のボンドをつけることで、下地にしっかりと密着させることができるでしょう。シートを貼り付ける際には、貼り付ける場所がズレないように、また浮きなどが現れないよう、慎重に一枚ずつ貼り付けます。

シール処理

丹念にシートを貼り付けた後は、ローラーを使用してシート内部に入り込んだ空気を抜く「エア抜き」を行ない、さらにシート同士の境目に「シール処理」を行ないます。「シール処理」とはシーリング剤を使ってシートの隙間や屋上の立ち上がり部分の隅を埋める作業です。シーリングによって継ぎ目のない状態にできるので、わずかな雨水も下地に到達させない、高い防水性を発揮できるのです。

シート防水のデメリットなところも把握しておこう

塩ビシートのデメリット部分は、複雑な形状の屋根には向いていないということが挙げられます。シートは長い長方形のものを使用します。屋根や屋上が四角形であれば貼り付けも比較的簡単にできますが、円形や特殊な形状の屋根となると、角や隅にシートの貼り付けができなくなるのです。そういった場合、作業員は貼り付けが難しい場所に対しても、その場所の形状に沿ってシートを切断して貼り付けをします。ただし、通常の貼り付けとは異なるため、劣化や施工ミスが起こりやすくなるでしょう。また、塩ビシートは劣化によって結合部分に剥離が発生することもあります。シーリングの劣化が起こると、シート同士が剥離してしまい、雨水が浸透してしまう恐れがあるため、定期的にシーリングの再処理を行なう必要があるでしょう。ゴムシート防水のデメリットは、塩ビシート同様、複雑な形状の屋上や屋根には施工が難しいということです。また、接着剤や接着シートで貼り付けるため、ゴムシートが劣化する前に、接着剤などの劣化によって剥離や雨漏りが発生することがあります。ゴムシート自体は非常に薄いため、外部からの衝撃にも弱いことも問題です。

TOPボタン