工事前に調べたい雨漏り問題~屋根修理と防水工事で雨漏りを防ぐ~

安くてすぐに施工ができるシート防水【手軽に頼める防水工事】

雨漏りしているなら調査を依頼しよう

床に見知らぬ水漏れが見られる場合や、天井や壁にシミが見られるようなら、家に雨漏りが起きている可能性があります。雨漏りが疑われる場合、速やかに専門の業者に調査を依頼しましょう。 ""

シート防水って何

雨漏り調査の方法は、さまざまな種類が存在します。業者が雨漏りの起きている場所を自分の目で調査する目視調査や、建物の劣化箇所に水を掛けて雨漏りの場所を調べる散水調査、紫外線に反応する発光液を使う発光液調査や、建物に赤外線を当てて雨漏りが起きている場所を特定する赤外線カメラ調査などもあります。ほとんどの調査法で費用が発生しますが、目視調査の場合は業者が無料で行なってくれる場合があります。費用負担をできるだけ抑えたいとするなら、目視調査を選ぶとよいでしょう。

シート防水工事には種類がある

雨漏り修理は多くの場合、屋根の劣化箇所の補修工事が行なわれます。そして、修理後は屋根の劣化や雨漏りの再発防止のため、屋根への防水工事をしなければなりません。雨漏り修理の費用も合わせると費用負担が大きくなりますが、安いシート防水工事なら費用の負担を抑えることができるでしょう。

シート防水工事を行なう時の注意点

塩ビシート防水工事は、一般的に多くの業者が行なうウレタン防水と比べると、施工の難易度が高いため、専門の防水工事業者にしか依頼することはできません。塗装業者やリフォーム業者に頼んでしまうと、施工ミスや塩ビシート以外のシートを貼られることもあるため、注意しましょう。ゴムシート防水工事の場合、注意するべきなのが接着剤の耐久性の低さです。元々剥がれやすい上に、貼り付けた作業員の腕次第では耐久性も大きく変わるため、塩ビシート防水工事に比べて劣化するリスクが高いのです。また、塩ビシート防水工事とゴムシート防水工事は、どちらも複雑な形状の屋上には不向きです。施工を依頼する前に、防水工事の業者に自宅の屋根にシート防水工事ができるかを聞いておきましょう。 ""

TOPボタン